在籍確認がある

 
消費者金融やクレジットの借り入れの申込をした場合、審査のひとつとして、職場に在籍確認の電話をかけられます。申込書に描かれた勤務先に実際に現在勤務しているかどうかを確認するために、職場に電話をかけて、申込をされた方が在職しているかどうかを聞きだすのです。特に消費者金融の場合は必ず職場に電話があるものと考えたほうがいいでしょう。この在籍確認をいやがる方も多いと思います。職場で電話を受けた方に不審に思われたり、場合によってはその電話の相手がどこのだれでどういう関係なのかをしつこく問いただされるようなこともあるかもしれません。大きな会社などで申込をされた方が営業職など外に出て仕事をされている、多数の方に会っている立場であればまだいいのですが、事務職や専門職など社内での勤務が多く、外から電話がかかってくることがめったにない場合などは、私用電話ではないのかをまず疑われますし、相手の素性を問いただされることも多くあるのではないかと思われます。

プライバシーは守られる


消費者金融会社からの在籍確認では、その会社の名前を名乗られることはありません。プライバシーに配慮して、個人名で電話をかけてこられることがほとんどです。申込をされた方の知人や友人という立場で電話をかけたといったことにしています。ここで「○○さんはいらっしゃいますか?」とたずねて、「今外出中です」などの返答であれば在籍確認はOKとなります。しかし、「そのような者は当社にはおりません」とか「既に退職しております」といった返答であれば、申込書にウソを書いた、すなわち虚偽の申告をしているということで審査は通らなくなり、場合によってはブラックリストに登録されるなどして、その後新たに申込をしても審査対象とされることさえもなくなります。

その在籍確認の電話ですが、消費者金融会社の側は個人名を名乗るのですが、申込者の名前をフルネームでよびます。「○○と申しますが、○田○男さんはいらっしゃいますか?」といった具合ですね。そのため、そのような形式の電話は在籍確認だなと推測されることも多くあるでしょう。
 

キャッシングのデメリット記事一覧

金利が高い

キャッシングを利用する際のデメリットとしてあげられるのが、金利の高さです。現在のキャッシングの法廷金利は借りる金額によって3段階の利率が定められています。この利率は上限urlの数字...

在籍確認がある

消費者金融やクレジットの借り入れの申込をした場合、審査のひとつとして、職場に在籍確認の電話をかけられます。申込書に描かれた勤務先に実際に現在勤務しているかどうかを確認するために、職...

利用履歴は一生残る

消費者金融を利用した場合、その利用履歴は一生残ることになります。消費者金融の会社は信用情報機関に加入しております。そして、申込者や顧客が借入や返済などの取引をした場合には、その履歴...