利用履歴は一生残る

 
消費者金融を利用した場合、その利用履歴は一生残ることになります。消費者金融の会社は信用情報機関に加入しております。そして、申込者や顧客が借入や返済などの取引をした場合には、その履歴をその信用情報機関に登録することになっています。その取引情報は加入している消費者金融会社各社で共有されて、どこの会社でいくら借りているのか、返済はスムーズに行なわれているか、現在の借入残額は何社でいくらになっているのか、そのような情報を自由に閲覧できる形式をとっています。消費者金融の会社で新規に借り入れをしようと申込をした場合には、必ず審査が行なわれることになるのですが、その審査においてはこの信用情報の参照は間違いなく行なわれるものと考えてください。そこで、たとえば借り入れの件数が多い、もしくは借り入れの残額が多い場合などは、審査に通らないこともあります。また、審査は通ったのだけど、希望していた借入額よりも大幅に低い額の借り入れしかできなかったといったことも起こりえます。

借り入れの履歴は一生残される


この消費者金融会社から報告される情報をとりまとめて、データバンクとして取り扱っている信用情報機関には、JICCやCICとよばれる会社があります。これらの機関では報告、登録された債務者の借り入れや返済情報について一定期間保有を続けることになります。その情報の保有期間ですが、借り入れの状況や、情報機関によってまちまちになるのですが、基本的には借り入れをした履歴は一生残るものと考えておいたほうがいいかと思います。中には5年で情報が消えるとか、7年で消えるといった話もありますが、必ずしもそうされているわけではありません。特に返済不能になったなどの事故情報についてはずっと消されずに残されるものと考えておいたほうがいいでしょう。この消費者金融の利用履歴があると、住宅を購入する際に組む住宅ローンの審査の際になんらかの影響が出てくる可能性があります。そのため、借入をされた場合は、指定された返済日に必ず入金するように心がけましょう。
 

キャッシングのデメリット記事一覧

金利が高い

キャッシングを利用する際のデメリットとしてあげられるのが、金利の高さです。現在のキャッシングの法廷金利は借りる金額によって3段階の利率が定められています。この利率は上限urlの数字...

在籍確認がある

消費者金融やクレジットの借り入れの申込をした場合、審査のひとつとして、職場に在籍確認の電話をかけられます。申込書に描かれた勤務先に実際に現在勤務しているかどうかを確認するために、職...

利用履歴は一生残る

消費者金融を利用した場合、その利用履歴は一生残ることになります。消費者金融の会社は信用情報機関に加入しております。そして、申込者や顧客が借入や返済などの取引をした場合には、その履歴...