金利が高い

 
キャッシングを利用する際のデメリットとしてあげられるのが、金利の高さです。現在のキャッシングの法廷金利は借りる金額によって3段階の利率が定められています。この利率は上限urlの数字であって、この数字より低く設定することについては問題ありません。まず、借入金額が10万円未満の場合は年利が20パーセントまでになります。10万円を超えて、100万円未満であれば、年利18パーセントです。100万円以上、つまり100万円からは年利15パーセントになります。つまり100万円を1年間借りると、15万円の金利を払わなければならない、100万円を借りると、合計115万円を返さなければならないといった計算になるのです。この金利のパーセンテージは数年前の利息制限法で変更されて、それまでの金利よりも低く設定されることになりました。それまでの金利は現在の18パーセントに対して29パーセント、さらにその前は40パーセントもの高い金利をとることが許されていたのです。返せなくなる方が続出して、犯罪の増加や自殺者の増加が社会問題となって、国の方針により、金融業者に対しての何度かの法改正が行なわれ、現行の利率になっています。

みなし金利と過払い返還


また、数年前までは、法定利息が18パーセントであるのにそれ以上の25パーセントや27パーセントといった高い金利をとっていた消費者金融会社やクレジット会社も多くありました。これは違法ではありますが罰則のない「みなし金利」とよばれていたもので、最高裁でその金利が違法であるとの見解が出されてからは、その金利で長く借りていた場合、払いすぎていた利息を返金してもらう「過払い利息返還」を請求する債務者が続出し、弁護士や司法書士などの法律専門家がその計算や過払い金の返還請求をする手続を代行するなどのケースも多くみられました。

なせぜ金利が高いのか


消費者金融やクレジット会社が高い金利を設定するのは、審査を甘くしているため、返せなくなってしまう方が出た時の損失を小さく抑えるためです。逆に銀行などの金利が低いのは、審査を厳しくして貸し倒れが起こるのを未然に防いでいるためです。
 

キャッシングのデメリット記事一覧

金利が高い

キャッシングを利用する際のデメリットとしてあげられるのが、金利の高さです。現在のキャッシングの法廷金利は借りる金額によって3段階の利率が定められています。この利率は上限urlの数字...

在籍確認がある

消費者金融やクレジットの借り入れの申込をした場合、審査のひとつとして、職場に在籍確認の電話をかけられます。申込書に描かれた勤務先に実際に現在勤務しているかどうかを確認するために、職...

利用履歴は一生残る

消費者金融を利用した場合、その利用履歴は一生残ることになります。消費者金融の会社は信用情報機関に加入しております。そして、申込者や顧客が借入や返済などの取引をした場合には、その履歴...