キャッシングの始め方TOP > 注意すべきこと > 収入証明が必要な場合がある

収入証明が必要な場合がある

 
消費者金融でお金を借りる際ですが、収入証明を提出することが必要になる場合があります。消費者金融でお金を借りる申込をする際、ほとんどの会社は新規での取引は最高50万円までの貸し出しにしているものと思われます。その金額までであれば、収入証明の提出は必要とされず、本人確認のための運転免許証もしくは健康保険証の提示のみで審査をされることになります。しかし、50万円を超える金額の申し込みであるとか、新規で借り入れをした後に、スムーズな返済を続けて実績を作り、借り入れができる金額の枠を広げる、50万円を超えた金額を借入できるようにするといった際には、収入証明書あるいは所得証明書の提出を求められることがあります。

なぜ必要になるのか


これは、改正貸金業法といわれる法津で定められている、個人の総量規制に基づくものです。現在は、個人で消費者金融やクレジットの会社からキャッシングの借り入れをする場合、年収の3分の1にあたる金額を超える借り入れができないことになっています。これを「総量規制」とよんでいます。複数の会社から借り入れをしている場合は、そのすべての会社に対しての借り入れ額の総額が年収の3分の1を超えてはならないこととなっており、それを判断する材料として、年収の額がわかる収入証明書を提示するように求められることがあるのです。

どのような書類を提示するのか


この収入証明書、あるいは所得証明書ですが、具体的にどのようなものかと申しますと、源泉徴収票、確定申告書、役所が発行する所得証明書、さらには勤務先から発行される給与明細書などを求められることもあります。その年収の金額によって、他の会社からの借り入れ状況なども加味したうえで貸し出しが可能であるか、可能であればいくらまで融資できるのか、それらを審査のうえで判断することになります。要は、貸し出しをした後に、毎月定期的に返済することができるのか、それだけの収入があるのかどうかを判断するために提示させるものだと考えればいいかと思います。
 

注意すべきこと記事一覧

利息は返済期間に比例して増える

消費者金融でお金を借入した場合、その借入金額によって、ほとんどの場合は自動的に返済期間と毎月の返済金額とが決められます。返済する金額の中には、年利率で計算した月々の利息分も含まれて...

返済に遅れると遅延損害金が発生する

消費者金融やクレジットでのキャッシング・借り入れでは、毎月1回の返済日が設定されます。毎月何日と決まっている会社もあれば、月末までに返済するようにと規定されている会社、または返済し...

収入証明が必要な場合がある

消費者金融でお金を借りる際ですが、収入証明を提出することが必要になる場合があります。消費者金融でお金を借りる申込をする際、ほとんどの会社は新規での取引は最高50万円までの貸し出しに...